音楽の効用

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレーニング中の音楽の効用

音楽を聴きながらトレーニングをする方は多いと思います。

プロビルダーもよくヘッドフォンをしてトレーニングしてますよね。

フィル・ヒースやショーン・ローデンはいつもヘッドフォンをつけてトレーニングしてます。

せっかく音楽を聴くのであれば、トレーニングのやる気が出る音楽を聴きたいですよね。

トレーニング中に聴くならハードロックのようなアップテンポの曲がおすすめです。特にガンガンのやつ。

交感神経をうまく働かせる

ハードロックや重低音が響くラップのようにガンガン聴ける曲は

興奮してテンションが上がりますよね。

トレーニング前にアップテンポの曲を聴いて、興奮状態に持っていきたいところです。

MAX重量に挑戦するときは、やはりテンションを上げていかないとウェイトを挙げられる気がしなくなります。

モーツァルトのようなクラシックを聴きながらデッドリフト挙げる気にはなりませんよね。

やはりテンション、ノリノリっていうのは大切です。

ロニー・コールマンなんかノリノリです。もうノリノリのノリノリのノリノリです。

ジム内の曲もノリノリです。

日本でこんなトレーニングしてたらジムのトレーナーに怒られますけど、これくらい激しくやりたいですよね。

他のスポーツは思いっきり声出すのに。。。剣道をやっていたので、なおさら声の重要性が。。ま、いっか。

日本ではおとなしくトレーニングしなきゃいけないので、音漏れしすぎなければ音楽は聴けます。

音楽をうまく利用して、トレーニングの質を上げていきましょう。

オススメの曲はこれ

オススメのヘッドホン

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Solo3 Wireless 密閉型ワイヤレスオンイヤーヘッドホン Bluetooth対応 ホワイト MNEP2PA/A

これ超いいです。ワイヤレスな上、40時間も駆動するのでパワフルです。

ワイヤレスはトレーニング時に邪魔にならないことが最大のメリットです。

フィルも、ショーンもbeatsです。

値段高いですけど、オススメ。

あと、AppleのAirpodsもオススメ。iphoneユーザーには超オススメ。

トレ後は副交感神経を働かせる

トレーニングで痛めつけたあとは栄養補給に加えて、休息が非常に重要です。

副交感神経を働かせて疲れた身体をリラックスさせましょう。

ストレッチをしたり、湯船につかったり、サウナに入ったりすることでも副交感神経を働かせてリラックスできます。

クラシック音楽でもリラックスすることができます。

youtubeで探せばいろんな曲が検索できます。

リラックスできてよく眠れそうですね。

音楽をうまく利用して、筋肉を成長させましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です