ショーン・レイの魅力

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イケメンビルダー

90年代に活躍したビルダー

ショーン・レイ。

2939a221786968eb0d4e83d629675aca

ムキムキですね。

甘いマスクと流れるようなポージングに魅了されるファンも多いのではないでしょうか。

今回はショーン・レイの魅力について紹介していきます。

バランスのとれた肉体

ショーン・レイは170センチほどの小柄ですが

大型ビルダーに引けを取らないくらい迫力があります。

昔の上半身が超人的に発達している黒人ビルダーは、

カーフが鉛筆のように細いという欠点がありました。

ショーン・レイはそれを覆すかのような、大きく立派なカーフを持っていました。

現代でいうとショーン・ローデンが似たようなタイプの肉体です。

2

オリンピアでの偉業

1988年ー2001年までオリンピアに出場していました。

オリンピアのタイトルを取ることができませんでしたが

12年連続トップ5入りを果たしています。

これは他のビルダーが成し得ていない偉業です。

バラードに合わせて取るポージングは非常に美しいです。

映像は99年オリンピアです。

ショーン・レイのトレーニング

ショーン・レイのトレーニングはすべてフルレンジで行っています。

「ファイナルカウントダウン」でもチーティングをやらないと言っています。

ポージングもそうですが、トレーニングも非常に丁寧で綺麗なフォームです。

科学的どうこう言う前に、シンプルにハードに鍛える

これがショーン・レイのポリシーです。

代表作「ファイナルカウントダウン」は非常に勉強になります。

オリンピア前のトレーニング風景やどんな食事をとるのかも収録されています。

この動画を参考にして、日々のトレーニングを見直していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です