トレーニングギアで筋トレをより効果的に

初心者こそギアを

トレーニングに慣れてくると、徐々に扱う重量を上げていきます。

高重量になるにつれて怪我のリスクも高まります。

特に関節は怪我をしやすいです。

トレーニングギアは怪我のリスクを下げるだけでなく

正しく使えばトレーニングの効果をより一層上げてくれます。

初心者だからギアはいいや、、

ではなく、フォームを習得できていない初心者こそ使うべきです。

今回はトレーニングギアをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワーグリップ

プル系の種目で非常に役立ちます。

トレーニーの皆様ならお馴染みですね。

ラットプルをやっていると先に握力がなくなって、、、

なんてことありますよね。

背中はまだまだ疲労してないのに前腕がパンパン。

背中に効かせる前にバーを握れなくなってやめてしまう、、

そんな問題を解決してくれます。

初心者の方はグリップを握りすぎて背中ではなく腕で引いてしまいます。

腕で引くとターゲットの背中に刺激が入りません。

ストラップを使えば、バーを握りこむことなく引くことができます。

初めて使った時は結構感動します。

ゴールドジムから販売されているものは2種類タイプがあります。

リストラップとパワーグリップです。

リストラップはシンプルで洗いやすく、使いやすいです。

より重い重量を扱うのであればパワーグリップがおすすめです。

私はゴールドジムのプロタイプを使っています。

通常タイプのものだと、デッドリフトを200キロ超えたあたりからちぎれます。

プロタイプですと皮がしっかりしており、200キロ超えてもちぎれません。

230キロ以上を引けたことがないんで、それ以上の体感はわかりませんが、

トップビルダーの方が300キロ近い重量を扱っていたので、相当頑丈にできています。

リストラップ

手首を保護してくれ、プレス系の種目を行う時に役立ちます。

手首の関節は非常に痛めやすいので、重量が上がってきたら使用することを推奨します。

特にダンベルで高重量を扱うときは、姿勢が不安定になりやすいので注意が必要です。

指を引っ掛けるループが付いているので、しっかりと巻きつけやすいです。

手首に不安があれば、絶対使ったほうがいいです。

扱う重量が軽くても、恥ずかしがらず使いましょう。怪我防止です。

ただ片方よく無くすんだ、、、これが。。。

トレーニングギアを駆使して、より効果的に肉体改造を進めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です