ベンチプレスの注意点。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みんな大好きベンチプレス

筋トレと言えばベンチプレスですよね。

筋トレやってると言ったら、非トレーニーでもベンチプレスとかやるの?何キロ上げるの?

と聞いてきます。

ベンチプレス=筋トレの代名詞

みたいな感じでしょうか。

筋トレの代名詞とも言えるベンチプレスでやってしまいがちな注意点があるので、

そちらについて書こうと思います。

ベンチプレスの注意点

ベンチプレスでバーベルを胸まで下ろすときに

頭をベンチから持ち上げている人をたまに見ます。

首を屈曲させることで、発揮できるパワーが減少してしまいます。

頭をベンチにつけて行う場合に比べ、首を屈曲させると

ベンチプレスで発揮できるパワーが6%減少するといわれています。

逆に、頭をベンチにしっかり押し付けて行うと、

「緊張性類反射」といわれる減少が刺激されて、

発揮できるパワーが高まります。

癖で頭を上げてしまう人は、癖を直すと挙上重量もアップしていきます。

正しいフォームでトレーニングしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です