世界一栄養のない野菜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一栄養のない野菜って?

うーん

なんだろう?

もやし?

意外と考えたことがないですよね。

なんとその野菜は

image

「きゅうり」

だったんですね。

世界一栄養のないとしてギネス認定されました。

コリコリした食感が美味しく、

夏場などは冷やしたきゅうりに味噌をつけて食べると美味ですよね。

でも、世界一栄養のない野菜です。(ギネス認定)

100g中95gが水分で

のこりの5gの中に炭水化物やら他の栄養素があるみたいです。

そののこり5g中の3.6gが炭水化物という。。。

きゅうりはビタミンCを破壊する?

さらにさらにきゅうりには

「アスコルビナーゼ」というビタミンCを破壊する成分が含まれています。

ビタミンCを破壊?w

空気に触れたり、線維が傷つけられたりするとアスコルビナーゼが増えるので、

他の食材のビタミンCも破壊してしまうことに。

ですが、アスコルビナーゼを減らすことができます。

加熱したり酢に漬け込んだりすることで、アスコルビナーゼは減少します。

私もピクルス好きなので、アスコルビナーゼを聞いたときは食べるのをやめようと思いましたが、

酢漬けであれば問題なさそうなので、ひとまず安心です。

一時期、佐川急便の熱中症対策としてきゅうりが取り上げられていましたね。

水分も多く含んでおり、体温を下げる効果があるので

熱中症対策になるみたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です