習慣化させることが大切

習慣化させることがカギ

新年度が始まり、令和が始まる。書類とか子供の誕生日とかややこしくなるので、正直西暦だけに統一して欲しいが。

新しくジムに通い始める人もいるだろう。張り切ってトレーニングすると思う。

大半は続かないし、とりあえずランニングマシンだけやってる人が多い。

続けるためには習慣化させることが大切だ。

歯磨きだって意識してやってる人はいないと思う。

習慣化させることができれば、意識することなく続けることができる。

習慣化させるには

習慣化させるためには工夫が必要だ。

まずは実行しやすい環境を作ること。

様々なジムがあるが、ジムまで片道1時間のジムと片道5分のジムがある。

設備的な違いはもちろんあるど思うが、ジムまで通うのが大変だと、仕事で疲れた時などはよほど意志の強い人でないと通わない。

通いやすいジムから始め、慣れて続くようになればジムの移籍を考えてもいいだろう。

張り切り過ぎない

新しくジムに通い始めた人で陥りやすいのが、最初から張り切りすぎることだ。

ジム代の元を取ってやるぞー!みたいな感じで毎日通う。マシンを片っ端から使う。

激しい筋肉痛、仕事が大変。今日行くのは面倒くさいなぁ、、、となったら黄信号だ。

ジム代の元を取ることが目的ではない。健康でかっこいいカラダを手に入れることが目的だ。

焦らなくてもジムは逃げない。また、1日頑張ったところで理想の肉体は手に入らない。

トレーニング時間は短くてもいいから無理しない程度に通い続けよう。

パートナーがいればなおよし

ジムに行くのにパートナーがいればなお良い。トレーニングを続けるモチベーションにもなる。

あと1レップ!挙がらない、やめたい、、、と思った時にパートナーがいれば追い込むことができる。

パートナーと一緒に追い込んだときの筋肉痛は全然違う。もう、筋肉の奥底から痛い。

様々な工夫をして筋トレを習慣化し、理想の肉体を手に入れよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク