目標は曖昧なほうがいい?

目標を立てよ!?

2019年になって半月が経とうとしてますが、トレーニング生活はどうですか?

今年こそベンチプレス100kg超えてやるぜ!とか体脂肪一桁目指す!とか目標を立てましたでしょうか。

目標を立てることは素晴らしいことなんですが、最近の研究ではガチガチの目標よりも曖昧な目標のほうがいいかも?といったことがわかってきてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曖昧な目標のほうが達成しやすい?

ユタ大学の研究で明確な目標よりも漠然とした目標のほうがモチベーションを保てて目標を達成しやすいということがわかりました。

目標は明確に!って自己啓発本で習ったぞ!って言いたくなりますよね。普通。

極端な話非現実的な目標を立ててしまうと、「あ、無理やん。もうやめてしまお」となりますよね。例えばトレーニングしたこともないのにいきなり一ヶ月でベンチ200kg挙げる!とか今年の全日本ボディビル選手権で優勝する!とか。

明確な目標を立てた場合、達成できなかった場合にモチベーションの低下に繋がるんですね。「また目標達成できなかった。俺はなんてダメなんだ」とか思ってしまうんですよ。

なので、漠然とした、また曖昧な目標を立てたほうが目標を達成しやすいんじゃね?という研究がされてきた訳です。

一ヶ月で5kg落とす!というよりも一ヶ月で3〜5kg落とせればOKといったように、バッファを持たせることで失敗するリスクが減るだけでなくモチベーションが低下しにくくなります。

ただし注意点があって、目標を達成するまでのプロセスは明確にする必要があります。腕立て10回×3セットやる!とか、1日1500kcalに抑えるといったことです。

うまくモチベーションを保ちながら目標を達成していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク