パワーリフティング

より重いものを挙げる

男なら誰もが憧れる「力強さ」

最近人気のでてきたパワーリフティング。

ベンチプレス、デッドリフト、スクワットの重量を競います。

より重いものを挙げる、いたってシンプル。だけど深い。

これを見ればアドレナリンでること間違い無し。

への字に曲がる鋼鉄のバー、挙げる前の雄叫び、、、ど迫力ですよね。

特にデッドリフトの上げきるまでの、あの興奮と言ったらねぇ。トレーニングやりてぇ。

トレーニーであればやはりより重い重量を扱えるようになりたいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本が大切

どのスポーツでも基本が大切。もちろんBIG3も基本が大切です。

まず最初に正しいフォームを身につけることが必要です。

正しいフォームを身につけるためには、やはりトレーナーなどに見てもらうのが一番早いです。

自分ではできていると思っても、客観的に見るとフォームが間違っていたりします。

重い重量になればなるほど、間違ったフォームが怪我につながります。

怪我をしないためにも、まず正しいフォームを身につけましょう。

オススメの本

パワーリフティングの第一人者でもある、吉田進さんの本はオススメです。

児玉選手などの一流パワーリフターのフォームが解説付きで写真で載っています。

トレーニングメニューや、試合に向けたピーキングについても書かれています。

そして、本書はこのような人に向けられて書いてあります。

・もっと強くなりたいと願う人

・試合に1、2度出たけれど、お持ったほどの成果が出ない人

・最近トレーニングがマンネリ化してきた人

・ボディビルダー

・パワー系のスポーツをやっている人

競技の違うボディビルダーも、筋肉を巨大化させるためには重量を扱わなければなりません。BIG3は避けては通れませんね。

鈴木雅選手も200kg以上のフルスクワットをして、あの巨大な脚を手に入れてます。

重いウェイトを挙げると気分もいいですしね。ですが、勢いよく落としたらダメですよ。

正しいフォームを身につけ、地道にトレーニングして自己ベストを更新していきましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク