ストレッチはいつ行うべき?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレッチをするタイミング

ジムに広々とあるストレッチゾーン。

ストレッチされる方も多いと思います。

スタティックストレッチ(筋肉を引き伸ばした姿勢を一体時間保持する)をする方が多いのではないでしょうか。

こんな感じ。

sutoretti

でも、ストレッチするタイミングがあります。

なななな、なんと

トレーニング前にスタティックストレッチングを行うと、トレーニングで発揮する筋力が低下する

といわれています。

しかも怪我のリスク低下につながるわけでもないらしく、いいとこなしな感じ。

え?という方が多いかもしれませんが、これは事実。

どんなストレッチをやればいいのか

ではトレーニング前のストレッチはどうしたらいいのか?ってなりますよね。

トレーニング前にはダイナミックストレッチを行うのがいいとされています。

ラジオ体操みたいな肩を回したりするような動きですね。

ダイナミックストレッチで有名なのはマエケン体操ではないでしょうか。

肩をぶんぶん回す感じ。

筋肉も温まるだけでなく、柔軟性も増します。

じゃあスタティックストレッチングはいつ行うの?

トレーニング後にじっくり行うべきです。

柔軟性が上がるだけなく、筋肉痛の軽減にもつながります。

結論

トレーニング前はダイナミックストレッチング

トレーニング後はスタティックストレッチング

怪我を防いで、楽しくトレーニングしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

LINE始めました
LINE始めました 友だち追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です